【バリフの副作用】頭痛についてとその対処

バリフを飲んで頭痛を生じる人がいます。
効果があるからこそ、副作用もあるとは分かっていながらも辛い症状です。では、頭痛が起きたときにどのような対処をすれば緩和されるのでしょうか。

バリフを飲んで頭痛が発生するのは、血管拡張作用があるから

「バルデナフィル」バリフの有効成分です。
服用すると、勃起を邪魔する物質の生成を抑えることができる物質です。これが結果的に勃起を促進させるわけですが、血管を広げて、血流をよくさせる作用もあります。

バリフを飲んで起こる「頭痛」の症状は、この血管を拡張させる作用からきているといわれています。
頭痛は能の血管が広がった結果、周りの神経を刺激することにより症状があわわれます。

バリフ服用後の頭痛には冷やすこととツボを押すことで対処

バルデナフィルを服用して、頭痛が起こる人は10人中1人。その程度や時間は人それぞれ違います。

そこで、普段からバリフを飲んでいて頭痛が起きている人はもちろん、まだ飲んだことがない方も頭痛が起きたときにどのようにすれば和らげることができるのか知っておきましょう。

血管の拡張による頭痛が生じる人の割合はレビトラの国内治験結果では、10%ほどと言われています。

バリフを服用後頭痛が生じたときの解消法
しばらく安静にする。頭痛の副作用は一時的なものなので、時間とともに症状が軽くなります。
おでこを冷やす。頭を濡れタオルなどで冷やすことで緩和されます。
こめかみを押える。こめかみ部分のツボを押すことで症状が和らぎます。

これらの方法は、バリフを飲んだとき以外の頭痛でも使えます。覚えておいて損はありません!

バリフ服用方法を見直すことで副作用を予防する

バリフはバルデナフィルが20mg入っています。
この量は人によっては多いため、半減させる必要があります。

バルデナフィルの服用量を参照すると、

  • 通常、成人は1日1回バルデナフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口服用する。10mgの服用で十分な効果が得られず、忍容性が良好と 判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができる。1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とすること。
  • 高齢者(65歳以上)、中等度の肝障害のある患者については、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、5mgを開始用量とし、最高用量は10mgとする。1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とすること。

つまり、通常ならばバリフを半錠。効果が弱いと感じた場合は1錠を服用するということです。

バリフの服用方法については⇒バリフの服用方法

バリフの購入

はじめに
ED(勃起不全)とは?
ED治療薬とは?
バリフの魅力
バリフの特徴
ジェネリック医薬品
体への影響
口コミ・体験談集
バリフを使ってみる
どこで販売している?
飲むタイミング
気になる値段は
バリフの通信販売
通販って大丈夫?
通販でのポイントは
医者の処方はいるの?
通販の流れ?

記事カテゴリ


    Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /export/www/developer/web/xn--ndkk6d.net/blog/wp-content/themes/custom/sidebar.php:28 Stack trace: #0 /export/www/developer/web/xn--ndkk6d.net/blog/wp-includes/template.php(688): require_once() #1 /export/www/developer/web/xn--ndkk6d.net/blog/wp-includes/template.php(647): load_template('/export/www/dev...', true) #2 /export/www/developer/web/xn--ndkk6d.net/blog/wp-includes/general-template.php(110): locate_template(Array, true) #3 /export/www/developer/web/xn--ndkk6d.net/blog/wp-content/themes/custom/category.php(42): get_sidebar() #4 /export/www/developer/web/xn--ndkk6d.net/blog/wp-includes/template-loader.php(74): include('/export/www/dev...') #5 /export/www/developer/web/xn--ndkk6d.net/blog/wp-blog-header.php(19): require_once('/export/www/dev...') #6 /export/www/developer/web/xn--ndkk6d.net/blog/index.php(17): require('/export/www/dev...') #7 {main} thrown in /export/www/developer/web/xn--ndkk6d.net/blog/wp-content/themes/custom/sidebar.php on line 28